メラニン色素とターンオーバー

メラニン色素とターンオーバー

お肌のくすみなどの問題は、おおよそ紫外線から現れます。やはりメラニン色素の生成が紫外線のお肌への作用で一番気になりますね。メラニン色素には紫外線からお肌を守るという大切な役目があるため、全くできないようにするということはできないのですが、何でもほどほどにしたいところです。

 

メラニン色素は、メラノサイトから放出されて表皮細胞に入り込みますが、お肌に入ってきた紫外線を吸収する仕事をします。それによって紫外線による炎症を防ぎ、細胞をダメージから守ります。白人に比べて、皮膚の色が濃い黄色人種や黒人のほうが皮膚ガンになるリスクは少ないそうなのですが、このメラニン色素の働きがあってこそです。

 

ですが、メラニン色素のせいでできるシミやくすみが出てしまうというデメリットも存在しています。年を取るごとにシミやくすみは表出化するので、美しいお肌を保ちたい女性にとっては困るです。このメラニン色素はどうしてシミの原因になってしまうのでしょうか。

 

普通、紫外線を浴びる量が少なくなればメラニン色素の生成もゆるやかになり、メラニン色素入りの表皮細胞がターンオーバーによってはがれ落ちれば、お肌は日焼け前とほぼ同じ程度の白さを取り戻します。しかしながら、その生成と排出のバランスが崩れると、シミができてしまいます。これがシミの原因です。

 

では、そのバランスがどうして崩れるのでしょうか?紫外線の浴びすぎると、メラニンの生成が過剰になってしまい、一部のメラノサイトが暴走してメラニン色素生成が止まらなくなることがあります。大人であれば、生きている時間が子供よりも長いので、より多くの紫外線を浴び、蓄積されています。

 

顔や手など衣類に覆われていない部分は特に日焼けしやすく、屋外スポーツや外での遊び、または戸外で働く職業などで外にいることが多い方は特にそうです。また、紫外線には特に関係ない皮膚の炎症が長く続いたり頻繁に起こるなら、それもやはりメラノサイト暴走の一因になります。

 

こうしたことは植物や化学物質による刺激が原因になりやすいのです。こうした原因によるターンオーバーの乱れは、メラニン色素が肌に沈着してシミを作る元になってしまいます。新陳代謝が活発な若いうちは、ターンオーバーのサイクルに伴って余分なメラニン色素を一掃することも可能です。

 

しかし、年を取ってターンオーバーが乱れてくると、余分なメラニン色素を含む細胞はなかなか剥がれ落ちません。それで年齢が上がるとシミが増えてしまいます。ですから、若い頃と比較して、より「紫外線を浴びない」「ターンオーバーを整える」努力が重要になってきます。

 

それから、ストレスもメラニンの排出を妨げてしまいます。メラニン色素の排出ルートには、メラニン色素が真皮に落ちてマクロファージに食べられて無くなるというものもあるのです。この方法では、落ちてくるメラニン色素があまりに多かったり、皮膚の免疫力が落ちてマクロファージの活動が弱まったりした際には処理が追いつかず、メラニン色素が残ってしまいます。

 

このようにして落されずに真皮に居座ったメラニン色素は「担色細胞」と呼ばれるのですが、これも表皮から透けるとシミのように見えます。ですから、免疫を弱める大きな原因となっているストレスは、シミも悪化させてしまう可能性があります。ストレス対策と美容は切っても切れない関係であることがわかりますね。