室内でも紫外線に気をつけて美肌を目指す

室内でも紫外線に気をつけて美肌を目指す

外出する際に紫外線対策をするとは思いますが、室内で紫外線対策をしていないという方は多いと思います。実は一日中家にいる場合でも紫外線は窓やカーテンをすり抜けますので肌にダメージを受けてしまう可能性は高いです。

 

直射日光に比べるともちろん多少は緩和されますが窓辺などにいれば8割くらいは紫外線を受けてしまいます。カーテンなどを閉めていても室内に紫外線は1割くらいは入ってきています。紫外線は年々強くなっていってますので、室内でも出来る限り日焼け止めを塗るようにしてください。

 

その上で、どういう日焼け止めを使用すればいいのかということになると、基本的には軽めのもので大丈夫です。タイミングとしては、PA+くらいの日焼け止めを朝起きてすぐに塗るという癖をつけてみてください。あまり刺激の強いものにしてしまうと、日焼け止めが肌ダメージを与えてしまいますので注意しましょう。

 

また、日焼け防止として寝室のカーテンにも気を使うとさらに効果は高まります。遮光カーテンという遮光性の高いものを使うことで日の光も遮ることができますので紫外線も遮断できますし睡眠の質も高まります。ただ、太陽の光を浴びるということは非常に大事なことになりますので、常に遮光カーテンで部屋を暗くしておくというのもよくありません。

 

ですので、昼間は日焼け止めなどで対策をして、夜は遮光カーテンを閉めて朝日などの紫外線から身を守るようにするといいでしょう。