ニキビ肌の方が日焼け止めを選ぶ場合

ニキビ肌の方が日焼け止めを選ぶ場合

紫外線対策をすることによってニキビの悪化を防げます。そもそも紫外線がニキビの原因になりますし、炎症や症状の悪化にも影響してきます。もちろんニキビがあるにしてもないにしても紫外線対策というのは非常に重要です。

 

ニキビがあるとどうしてもその部分に塗るのは良くなさそうと感じると思います。ですが、それを気にして塗らなかった場合、紫外線を無防備な状態で浴びることになってしまいます。無防備で紫外線を浴びると過角化を引き起こし、それが進行して毛穴を塞いでニキビが出来やすくなります。さらに肌の水分も蒸発させてしまいますのでバリア機能も低下してしまいます。

 

つまり、日焼け止めを塗らないという選択肢は肌にかなり悪い影響を与えてしまうということになるということです。ちなみにピーリングなどをしている方は、ピーリング後も肌のバリア機能が低下している状態なので、外出する場合はしっかりと紫外線対策、紫外線ケアをすることをオススメします。

 

ではニキビ肌の方が日焼け止めを選ぶ際に注意していてもらいたい点をお伝えします。まず紫外線吸収剤が入っていないもの、そしてオイルフリーで、無香料、無着色のものを選ぶといいでしょう。適当に選んでしまうと、場合によってはニキビを悪化させてしまいますので、それを避ける為にも成分をしっかりと確認して選ぶということが重要になります。使用の際には出来るだけ薄く伸ばして重ねづけすることが基本です。