日焼け止めクリーム人気ランキング【紫外線吸収剤不使用】

日焼け止めクリーム人気ランキング【紫外線吸収剤不使用】

日焼け止めが原因で肌トラブルになる可能性

 

紫外線というのはシミというイメージがありますが、それだけではなくシワ、たるみといった肌の老化を引き起こしてしまいます。さらに、紫外線をうけることによって肌のバリアを破壊しますので肌荒れが出てきてしまうこともあります。紫外線というのは30年前と比較すると18%以上も増加しているといわれていますので紫外線対策をしっかりと考えなくてはいけません。

 

紫外線対策でまず挙げられるのが日焼け止めになりますが、日焼け止めもしっかりと自分に合うものを選ばないと痒みができたりニキビが出来たり、効果がなかったりということがあります。ですので、どうやって選べばいいのかについて説明します。どうして日焼け止めを塗ることでかゆみが出たり、赤みが出たりするのでしょうか。

 

これは日焼け止めの成分が合わずに刺激になっている可能性が高いです。よく聞くのが紫外線吸収剤ですが、敏感肌の方はこれによって肌トラブルを引き起こしてしまう可能性があります。ですので、敏感肌の方はこの紫外線吸収剤が使用されていないノンケミカルと記載された日焼け止めを使うといいでしょう。

 

ニキビが日焼け止めによって出てしまう場合の原因の一つがシリコンになります。このシリコンというのは汗で日焼け止めが流れないようにする役割があります。無害なのですが、毛穴を塞いでしまいますので、それによってニキビが出来てしまう可能性が大きくなってしまいます。ですので、ニキビが出来やすいというのであれば、シリコン成分が含まれていない日焼け止めを選ぶといいでしょう。

 

日焼け止めに消費期限はあるのか

 

去年購入した日焼け止めがまだ残っているから使えるのか知りたいという方は多いと思います。実際に効果は変わらないのか、肌に悪い影響が出てくる可能性はあるのかというところが気になると思います。使うことが出来るか出来ないかでいうと出来ます。ただ、しっかりと直射日光に当たらないように保管されているという条件の上で使うことが出来るということになります

 

基本的にはそのシーズンでの使用を推奨していますので出来ればそのシーズンで使い切るようにしましょう。効果に関しては変わりませんが、防腐剤の効果が切れていると雑菌が出てきてしまい、それを肌に塗っているということになりますので、肌トラブルになる可能性は高くなります。その点を理解した上で使用することをオススメします。

 

それぞれのタイプの使用期限についてお伝えします。ミルクタイプやジェルタイプの日焼け止めでしたら未開封なら3年、開封していたらそのシーズン内に使うようにしましょう。スプレータイプの場合、未開封でも開封済みでも3年の使用が可能になります。天然成分が含まれた無添加の日焼け止めとなると未開封でしたら1年、開封していたら半年が使用期限になりますので覚えておきましょう。

 

このように、消費期限はタイプだったり種類によって変わってきますし、開封していたら期限に関係なく早めに使うことを推奨しています。もし不安だというのであれば、やはり使わない方がよいでしょう。是非新しいものを買って安心して使ってください。

 

日焼け止めの効果もある美容液について

 

オゾン層が破壊されているという話をよく聞くとは思いますが、それによって紫外線が次第に強くなっています。紫外線というのは肌に悪い影響を与えてしまいますので、紫外線対策が非常に重要になります。紫外線対策としてまず考えられるのは日焼け止めになります。ただ、強い紫外線を防ぐことが出来る日焼け止めなので、多少の肌への負担もあり人によっては日焼け止めが肌トラブルの原因になっているというケースもあります。

 

さらに落ちない日焼け止めとしてウォータープルーフタイプのものなどありますが、それを落とす為にクレンジング剤を使い、そのクレンジング剤によって肌トラブルを引き起こしてしまうということもあります。紫外線によって肌の老化を防ごうとしているのに、その防ぐための日焼け止めによって肌トラブルを引き起こしているのでしたら意味がありません。ですので、もし肌が弱かったり、日焼け止めで肌荒れなどになったことがあるという方は、日焼け止め美容液の使用をオススメします。

 

これは紫外線をカットする美容液という感じで考えていいですが、それでしたら美肌成分がメインですので、美肌になりながら日焼けの効果を得ることができるでしょう。紫外線は、年齢を重ねてからその影響が出てしまうということもありますので、そうならないように早い内か対策をするようにしましょう。それによって将来的に美肌を維持することが出来るはずです。

 

日焼け止めの塗り方と選び方

 

夏が来ると楽しいイベントが沢山出てくると思いますが、それと同時に紫外線も強くなっていきます。ですので日焼け止めが必須の時期になってきますが、日焼け止めはどういう風に選んでいますでしょうか?日焼け止めも進化しており、SPFやPAといった表記も出来たので、それを見て選んでいるという方も多いと思います。

 

このSPFとPAは、SPFが日焼けのダメージが皮膚に届くまでの時間を延ばしてくれるという指標であり、PAが肌を守る指標となります。SPFは数字が大きければ大きいほど、時間を延ばすことが出来、PAは+の数が多ければ多い程、肌を守ってくれます。よくSPF50やPA++++のものばかり見ると思いますが安全性について説明します。

 

SPFは50が上限と決まっています。この理由はそれ以上になると肌への負担が大きくなってしまう恐れがあるからです。SPFの高い数値の日焼け止めを使っている人程、肌の状態がよくないという話もあります。ですので、もし自分の肌が弱いと思っている方は10や20といった低い数値の日焼け止めを使って塗りなおすようにしてください

 

紫外線を防いで肌を守りたいと思っているから日焼け止めを使うということになりますが、逆に日焼け止めが肌の状態を悪くすることもあります。肌が弱いのでしたら成分をしっかりと確認した上で、選ぶことをオススメします。

 

日焼け止めを塗るなら耳にも塗る

 

耳に日焼け止めと聞いて盲点だったと思う方って意外と多いんです。そもそも耳というのはデリケートなものであり、皮脂分泌が盛んなのに乾燥しやすく日焼けもしやすい部分です。この耳というのは顔や身体より変化が大きな部位なので出来る限りケアをしなければいけませんが、そこまで気にしたことがないという方の方が多いです。

 

実際には自分では見えなくても人からは良く見えるパーツですので、耳に乾燥していたら清潔感がなくなりますし、さらに皮脂分泌によって耳の裏から悪臭を発してしまうこともあります。このようにデリケートだからこそ日焼け止めをしっかりと耳にも塗るようにしてください。

 

耳に日焼け止めを塗る際の注意点ですが、耳というのは形が複雑ですので、どうしても適当に塗ると塗り残しが出てきてしまいます。ですので、日焼け止めを一度手で拡げて、そこから細かく塗っていきましょう。また、日焼け止めだけではなく、帽子や髪などで耳を隠すというのも紫外線が当たらないようにする一つの手になるでしょう。

 

また、日焼け止めを塗って外出などをしたのでしたらしっかりと日焼け止めを落とすということも重要なことになります。クレンジングではなく、今の日焼け止めのほとんどが石鹸などで落とすことが出来ますので、必ずそのまま寝たりといったことはしないようにしてください。せっかく肌を守るために日焼け止めを塗っているのに、きちんと落とさなかったことによって肌にダメージを落としてしまう恐れがあります。

 

最新の日焼け止めは花粉、PM2.5、ブルーライトも防ぐ

 

色々なものがどんどん進化していきますが、日焼け止めも同じように進化しています。種類も増えていって選ぶ基準も変わってきますが、多くの方がSPFを基準に選んでいます。ですがSPFも大事ですが、PAのことも考える必要があります。SPFというのは肌表面が紫外線によってダメージを受ける時間を延ばす指標であり、PAが防ぐ強さの指標となります。どういう風に日焼け止めを選べば一番いいのかについて説明します。

 

日焼け止めというと全て同じと思われがちですが、最近では花粉、PM2.5、ブルーライトも防ぐ日焼け止めも販売されています。もちろんこの防ぐ効果というのもどんどん高まっています。紫外線以外にもこれらを防ぐことが出来るのであれば、自分に合った日焼け止めを見つけることが出来るはずです。

 

例えば、パソコンの前に座り続けるデスクワークをしている人であれば、ブルーライトを防ぐ効果のある日焼け止めを選ぶといいですし、花粉症に悩んでいたり、PM2.5で何かしらの悪影響が出ているのであれば、それらを防ぐ日焼け止めを選ぶといいでしょう。もちろん美肌効果が得られる日焼け止めなどもありますので、目的に合わせて選ぶことができます。

 

日焼け止めも種類によって成分が違いますので、成分が合わない場合はすぐに使用をやめるようにしましょう。せっかく紫外線などから肌を守る為に使っている日焼け止めなのに、肌に悪影響を与えたら意味がありません。特に敏感肌や乾燥肌など野方は選ぶ際にしっかりと成分を把握しておくことが大切です。

 

洗顔やクレンジングに水素水を使うとどう変わる?

 

毎日の洗顔の時に普通の水を水素水に変えるとお肌に変化はあるのでしょうか?水素水には肌荒れを改善する効果があるといわれています。また肌の免疫力を高める効果もあるので、ニキビや吹き出物、炎症などの症状を抑え進行を食い止める働きもあります。また使っているとくすみもとれ、ツルツルのお肌になっていきます。水素水を使った美肌対策をいくつかご紹介しましょう。

 

水素水スプレー
外出中に乾燥が気になったり、紫外線が気になったときにすぐに使えるようにスプレー容器に水素水を入れておきましょう。容器はプラスチックよりもアルミボトルの方が、水素が逃げにくくなっています。携帯用の水素水サーバーやアルミパウチの水素水などを、その都度スプレーボトルに入れて使うのが最も効果的です。
水素水パック
シートマスクに水素水を染み込ませ、およそ10分パックしてみてください。お肌に潤いが甦ります。水素水と一緒に美容液などを一緒に染み込ませると、効果はもっと上がります。

 

水素水スチーム
スチーマーを持っている方は、寝る前に水素水でスチーマーをかけてみてください。最近では水素水が作れるスチーマーもあります。

 

水素風呂
水素入浴剤などを使ってお風呂に入った時に、タオルも一緒にお風呂に入れ、そのタオルで1分間蒸しタオルパックをします。そのあと普通に洗顔すると、古い角質なども柔らかくなり洗顔効果が高まります。

 

市販の飲料用の水素水を洗顔などに使ってしまうのは少しもったいない気もしますよね。水素水は結構値段も高いです。贅沢に水素水を使うには、サーバーがあると便利です。美肌のために試してみてはいかがでしょうか。

 

水素水を洗顔やクレンジングに使うのは贅沢なようですが、将来のお肌のことを考えればよさそうです。その洗顔やクレンジングについても注意したいもの。まつエクしている場合には、成分をきちんと確認することも大切です。まつエク クレンジングなら、まつエクも長持ちします。